シミの原因とその対策

シミが出来る原因とは何でしょうか?
シミが出来る原因として最も多いのは紫外線です。
紫外線は肌に対して強い破壊力を持っています。
次に多いのは、ストレスなどが原因でホルモンバランスが乱れている時に紫外線によるダメージなどがきっかけとなって現れるものです。
やはりここでも紫外線はシミと関係が深いのですね。
その他の原因として、ニキビなどの炎症が原因となって現れるシミもあります。

● 紫外線などから肌がダメージを受けると、表皮の下にあるメラニンを作るメラノサイトという細胞が損傷して、メラニンを大量に生成するようになってしまいます。

シミのない健康な肌は、毎日適度な量のメラニンを生成するのですが、シミが出来ている部分は、メラニンの生産が止まらなくなっており、大量にメラニンが生成されて続けているのです。
これを改善するためには、肌の良い状態を維持する必要があります。
肌の良い状態を維持することが出来ると、ある日突然メラノサイトの働きが正常化して、メラニンの生産量も正常化されることがわかっています。

●まとめ

肌の良い状態を維持するためには、必要な栄養素を十分に摂り、紫外線対策をし、睡眠不足や喫煙・飲酒などの生活スタイルの改善も行い、過度のストレスも避けるようにしなければなりません。